海外旅行 イギリス

「最近人気のお店で話題のスイーツ」[イギリス-ブライトン]

イギリス南岸最大のマリン・リゾートとして有名なブライトン (Brighton) は、ロンドンから南に約85km、ビクトリア (Victoria) 駅から電車で約50分。この地名にステイタスを感じるイギリス人も多く、DJファットボーイ・スリムのノーマン・クックや元ビートルズのポール・マッカートニ―(別邸)などの著名なミュージシャンが住んでいる。ビーチは特に人気があり、週末には多くの人が訪れる観光都市である。

ブライトン駅正面から真っ直ぐに伸びるクイーンズ・ロード (Queen’s Road) をクロックタワー (Clock Tower) まで直進すると、左側はノースストリート (North Street) 、右側はウェスタンロード (Western Road) 、正面は海まで伸びるウエストストリート (West Street) の交差点に差し掛かる。右側に伸びるウェスタンロードにはチャーチル・スクエア (Churchill Square) と呼ばれる大型ショッピングモールをはじめ、H&M、Topshop、M&S等の有名ショップが軒を連ねる。その道を、ぶらぶら買い物を楽しみながら歩いていると、マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、サブウェイ等のファーストフード店に囲まれながらも、ひときわ目立つ真っ赤なトマトの看板が目に留まる。それが今回ご紹介するブライトンで今人気の健康志向の自然食テイクアウト・レストラン、フーデリック (Foodilic) だ。

“Foodilic ” , 163 Western Road, Brighton, BN1 2BB. Tel: 01273 760 190

 

?「Foodelicとは」

自然食レストラン「Foodelic」は、 ?旧ユーゴスラビア出身のオーナー Peter Ilic が、ブライトンのノースストリートに2009年に誕生させ、健康食志向が高まっている地元で、たちまち人気のレストランとなった。今回取材した店は2店舗目で2013年5月にオープン。レストランと同じ料理を全品テイクアウトができるようにしたのが特長である。また今年4月には、ロンドン・キングクロス駅に3店舗目を開店させたばかりである。

「良質でおいしく健康によい食の選択、良心的な価格、オーガニックで新鮮な材料を提供」Foodilicのコンセプトは、ブライトンの人々にとても魅力的に映るようである。

海外旅行 イギリス

セルビア木の幹で造った家具が素敵な店内

海外旅行 イギリス

カウンターの黒板でその日のスペシャルをチェック !

海外旅行 イギリス

品揃え豊富で新鮮なサラダバー

 

「話題のスイーツ」

Foodilicのもうひとつのコンセプト「健康を意識した人向けの砂糖抜き、卵抜き、小麦粉抜き、乳製品を含まないケーキ」…これはほんの一部しかなかった。しかし、ケーキの種類はとても豊富であり、いろどりもよく、イギリスのスイーツにしては甘みも控えめなので人気がある。平日は近隣のオフィスで働く人達、休日は家族連れでいつも満席のこの店から、話題のスイーツを2つご紹介しよう。

一つ目は「シーソルト・チョコレートケーキ(Sea-Salt Chocolate cake)」。ケーキに海塩が入っているとは珍しい。甘みを強調するために、一つまみ塩をいれてケーキをつくることはあるが…いったいどんな味なのかと期待して口にしてみた。比較的こってりしたダークチョコレートのフィリングと、ほんのりキャラメルの風味の効いたバタークリームを、しっとりしたチョコレートスポンジではさんでいる。パティシエによれば、他に比べ、特に甘みは控えめなのだそうだが、海塩の効果なのか私には少し甘めに感じる不思議なケーキである。濃いブラックコーヒーがとても合う。

2つ目は「三種のチョコレートムース(Three chocolate Mousse)」。これは私の一押しのスイーツで、とてもおいしかった。チョコレートスポンジケーキのベースに、ダークチョコレートのフィリング(Filling)、その上にミルクチョコレートのムース、そして一番上の表面にパリパリのダークチョコレートが重ねられるようにデコレーションされている。特においしかった部分はミルクチョコレートのムース。これにはオレンジ系の香り、たぶんオレンジリキュールの「グラン・マニエ」が使われているのだろう。頬っぺたが落ちそうになるほどおいしかった。このムースだけでも単品商品として十分楽しめる。一つ一つ別にして味わってもよいのだが、三種類のチョコレートを全部一緒に味わってみると、何とも言えない絶妙なハーモニーが口の中に広がり、癖になりそうである。甘みも控えめで口の中でとろける感覚がたまらない。カプチーノとの相性も抜群である。

海外旅行 イギリス

一見ボリュームのありそうな大きなケーキたち

海外旅行 イギリス

左:三種のチョコレートムース、右:シーソルトチョコレートケーキ

今年は雨が多く太陽を拝むことのできない日が続いたのだが、4月に入りやっと春めいてきた。海岸もよいのだが、天気の良い日にはこの店で、ランチだけでなく、是非ケーキを試していただきたい。スタッフの皆さんもとてもフレンドリーで、その日のおススメなどを丁寧に教えてくれる。

foodilic7_1

左からシルビアさん、マネージャーのピータさん、パティシエのオスマさん

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る