Trebarwith Strandから

夏に向けての海外旅行おすすめプラン[イギリス-コーンウォール半島]

コーンウォールに行ってみよう

イギリスの夏は、文字通り「最高」である。日本のように酷暑になることもなく、湿度も低く過ごしやすい。日中は長く、朝は5時前から明るくなり、夜10時ごろにやっと薄暗くなりはじめる。とくに一年で一番長い日の6月21日の夏至日は、夜10時を過ぎてもまだ薄明るいので、なんとなく得をした気分になる日である。

海辺の断崖絶壁のパブで、イギリスの誇るエールビール(地ビール)を飲みながら、ゆっくりと、夕日が落ちるのを待つ。そんな贅沢な時間をすごしたい方に、イギリス人の夏の旅行先として人気のある、イングラント南西部コーンウォール(Cornwall)半島の小さな町、ティンタジェル (Tintagel)をご紹介しよう。

Treknow Cliffから尖峰 (Pinnacle) を臨む

Treknow Cliffから尖峰 (Pinnacle) を臨む

ティンタジェル? (Tintagel)

人口2000人に満たない、大西洋側にある小さな町である。観光名所として、断崖絶壁の岬に建つ古城・ティンタジェル城 (Tintagel Castle) があり、アーサー王所縁の城という伝承がある。オープンは4月~9月末まで(要確認)。

海外旅行 イギリス 海外旅行 イギリス

町にはオールド・ポスト・オフィス (The Old Post Office) という14世紀からの建物もある。19世紀から郵便局として使われていたが、現在はナショナル・トラスト管理下の建物で、内部やガーデンは5月~11月初旬まで(要確認)見学することができる。

ティンタジェルは名所を見るだけでなく、美しい海岸線の絶景、絶壁を眺めながら、「公共の野原の小道=パブリック・フットパス (Public Footpath)」を、ハイキングしながら楽しんで頂きたい。

海外旅行 イギリス 海外旅行 イギリス

ティンタジェル城からフットパスを使い、海岸線沿いをGlebe Cliff からTreknow Cliffに向かって、風景を楽しみながら、2~3時間かけゆっくりと歩く。美しい大西洋の海、粘板岩のスレート(Slate) の崖、尖峰(Pinnacle) など見どころはたくさんある。

そして一日の終わりに、ポート・ウィリアム・パブ (Port William Inn) の絶壁にあるベンチに座り、海と夕日を見ながら、本場のエールを味わう。時はゆっくりと流れる。この施設はホテル併設であり、部屋の窓からは海岸が一望でき人気がある。

Trebarwith Strandから

Trebarwith Strandから

ボスカステル(Boscastle)

お気に入りの隣町、ボスカステルのシンボルものせておく。右側の崖、地元の人は「女王の頭 (Queen’s Head) 」と呼んでいる。王冠をつけた女王が、崖に横たわっているように見えるはずだ。

Queen’s Head

Queen’s Head

コーンウォール発祥、おススメの食べ物

コーンウォールに来たら、ぜひ試していただきたい食べ物がある。「コーニッシュ・パスティ (Cornish Pasty) 」である。丸いペイストリーの中に、サイコロ状に切った牛肉とジャガイモ、スウェード(黄色いカブ)および薄切りの玉ねぎを具にして、折り曲げて包み、縁に折り目をつけながら閉じて焼く。この具はトラディショナル、またはステーキとよばれている。パスティは半円形であり、この形はコーンウォールが発祥の地であるといわれている。

もともとは、スズ鉱員たちが食事にもどることができず、坑内にランチとして持ち込んだことが始まりである。パスティの縁は、泥やスズで汚れた手でつかむため利用され、中身を食べた後、その汚れた縁の部分は捨てられたという。また当時は、パスティの中に仕切りをつけ、半分がランチ用の塩味の具、半分がデザート用の甘味の具が一つになったものもあった。現在店頭で売っているのは、塩味のものだけであるが、その中身はベジタリアン・オプションやチーズ入りなど店によって様々な種類がある。

海外旅行 イギリス 海外旅行 イギリス

そしてもう一つ、クロテッドクリーム ( Clotted Cream )、別名コーニッシュ・クリーム (Cornish Cream) の存在を忘れてはいけない。「クリームティーに必須のクリーム」といえば、皆さんにもピンとくるはずだ。この地で2000年も前からつくられてきた伝統的なクリームである。賞味期限は短く、持ち帰りはできないので、是非本場で召し上がっていただきたい。温かいスコーンにこれをのせて、イチゴジャムと一緒に食べた時の至福は、旅行最高の「思い出の味」になるだろう。

 

交通機関は電車より車をレンタル

コーンウォール地方では、車での移動が便利である。エクセター (Exeter) からティンタジェルまでバスも出ているが、4時間おきに1本の運行で、キャメルフォード (Camelford)? での乗換を入れると4時間近くはかかる。車だとエクセターからは2時間以内。

イギリスの道路は、ラウンドアバウト (Roundabouts) と呼ばれる交差点システムのコツさえ覚えてしまえば、とても運転しやすい。ただコーンウォール地方は道がとても狭く、見通しの悪い道も多いので、運転は慎重にしていただきたい。因みに、ロンドン・パディントン駅からエクセター・セント・デイビス駅までは電車で約2時間、最終駅のペンザンスへは約5時間半である。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る