編集_00_1

外国の人とコミュニケーションをとるには?外国で友達を増やす方法[イギリス]

 

編集_00_1ロンドンでは、イギリス人はもちろん、ヨーロッパやアジア圏のほか、様々な国の人たちと会う機会が沢山あります。そんな様々な外国の人とコミュニケーションをとる時に、最初はわからない事が多く戸惑ってしまう事もあるかもしれません。言葉があまり上手く話せない時はなおさらですね。私はイギリスへ初めて留学して来た時には英語がまったくわからず、英語学校では一番下のクラスでした。でも英語ができなくてもせっかく留学に来たのだから、友達は作りたい!と、当時実践していたポイントをいくつかご紹介します。

 

1. 趣味が同じ人を探す

編集_01_1日本人同士でも同じ趣味を持つ人は仲良くなるのが簡単ですね。外国人とのコミュニケーションでも同じ趣味を持つと仲良くなりやすいようです。音楽やアート、サッカー等のスポーツなどなど、同じ趣味を持っていると、言葉が不自由でも共通の「言語」があるのでわかり合いやすく、お互いに興味を持って友達になりやすいのでしょうか。音楽ができる人はバンドに入ったり、サッカーが好きな方は、フットサルの練習や試合に参加していたりするのを見かけます。私も好きな音楽を通じで知り合った友人とは、出身国関係なく付き合いが続いています。

 

2. イベントにはなるべく参加する

編集_02_1海外留学は一人で来る方が多いと思いますが、私もその一人でした。そのため、最初はイギリスに友達が全くいませんでした。
来てすぐに英語学校に通いましたが、同様の境遇の人が多いからか、学校ではクラスが終わった後に参加できる課外活動が毎日ありました。平日は映画や美術館に行ったり、金曜日は毎週パブクロール(パブを何件もはしごして飲むこと)、週末は郊外へ行ったり…。最初の2週間はとにかく毎日参加し、パブクロールもほぼ毎週行っていました。みんな「英語を勉強する」という同じ目的を持った者同士、間違っていて通じにくくても頑張って会話をしていました。色々話をしていると気の合う友達もできて個人的に遊びに行くようになり、その友達のイベントでまた違う人と知り合い…と、友達が増えました。

 

3. 違いを認める

外国の人でも楽しい、悲しい、怒る等の感情は基本的に同じではありますが、コミュニケーションをとる時に、行動や感情の表現の仕方などが日本人と違うことがあります。そのため、戸惑ったり嫌な気分になる事があるかもしれません。例えば日本では常識でそれをしないと非常識と非難されるような事でも、他の国の文化ではあまり重要とされていない事もありえます。私もイギリスに来たばかりの時は、「そんな非常識な!」と思う事が何度もありました。そんな時は「国が違うと常識が違う」と認めることができると、つきあいもストレスがかからず気軽にできるのではないでしょうか。

 

4. やっぱり勉強は大事

編集_04_1相手の話す言語ができれば、外国の人とのコミュニケーションはよりスムーズにできるのは間違いありません。英語の上達のため実践で話す事ももちろん大事ですが、勉強して単語や文法を覚えておけば、実践でより上手く話せます。勉強の仕方も様々ですが、自分の話したい内容が載っている本や雑誌、好きなテレビ番組や映画等で勉強すると、趣味の会話に役立つ単語が覚えられてより楽しい会話ができるかも。

 

5. 小さな間違いは気にしない

外国の人とコミュニケーションをとる時に、言葉の間違いや習慣の違いからのすれ違い、勘違いが起きる事もあります。でも間違えた時に気にしすぎてしまうとそのことばかりに集中してしまい、楽しい会話ができなくなるかもしれません。間違えた本人が気にするほど相手にはその間違いを気にしておらず、話している内容の方に集中していることが多いのではないでしょうか。細かい事は気にせずに、最初のうちは自信を持って自分の意見を話すことが重要ではと思います。楽しい会話ができると友達を増やすのもより簡単になりますね。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る