110Fは約43℃。たまに120Fに達することも(!!)そして、毎日が快晴のフェニックスです。

【暮らし・住まい】海外の夏休み事情【アメリカ】

110Fは約43℃。たまに120Fに達することも(!!)そして、毎日が快晴のフェニックスです。

110Fは約43℃。たまに120Fに達することも(!!)そして、毎日が快晴のフェニックスです。

ここフェニックスは、6月上旬にして気温が45度近くに達してしまいました。こうなると、人は夜行性になります。昼間は、車で、モール等へ、「室内から室内へ」と移動する人がほとんどの為、昼間、外を歩いている人をほとんど見かけることがなくなります。夕方の5時、6時は、一日で一番暑い時間帯となりますので、ウォーキングの時間を夜の8時からに変えたところ・・・ジョギングをしている人、同じくウォーキングをしている人、犬を散歩させている人・・・昼間外を歩くより、沢山の人が外に出ています。さて、そんな灼熱フェニックスでの夏休みは、皆、どのように過ごしているのでしょうか。で、思いついたのが、秋から高校生になる姪っ子のセーラ。こちらの学校の夏休みの過ごし方について聞いてみました。

まず、夏休みの期間。これは州や市、そして学校によって全く異なると言うことです。セーラの学校は、5月22日から既に夏休みに入り、新学期は8月11日からになると言うこと。長っ!!余裕で2か月以上です。そして、暦上、5月は夏ではありません・・・が、それはさて置き。セーラに、「日本の夏休みは7月の後半から8月末迄しかないんだけど。」と教えると、「短かっ!!」と逆に驚かれました。「夏休み中、出かけたりする?」と聞くと、「ん~~・・・あんまり出かけないね。家にいることの方が多い。」・・・これは恐らく、このフェニックスの気温のせいではないかと思われます・・・確かに私自身も、夏は家にこもり勝ちになります。「あ、でも、サンディエゴ(カリフォルニア州)にコミコン(コミック、漫画、アニメ等の大きなイベント)に行った!」夏のイベントに参加したり、家族旅行をしたり・・・と、この辺りは日本の学生と変わりはなさそうです。ただ、フェニックスの場合は、暑さが暑さなので、セーラのように州外に逃避(?)したり、少し気温が下がる、アリゾナ中部、北部へと足を延ばし、グランドキャニオンや、セドナで、ピンクジープツアー等、家族で楽しむことの出来るツアーを利用したり、または湖に出かけたりする人が多いようです。

海外旅行 アメリカ 海外旅行 アメリカ 海外旅行 アメリカ

さて、夏休みと言えば宿題です。アメリカの夏休みの宿題は、どの程度課されるものなのでしょうか?「課題図書を一冊読んで、50ページ毎に感想をつけるくらい?」・・・・そ、それだけ??「夏期講習に申し込んでるから、そのホームワークもちょっとあるけどね。」それでも少ない。「私の時はね、数学、国語の問題集、読書感想文、日記、自由研究、工作、ポスター・・・すごいいっぱいあったよ??」「え~!!そんなにいっぱい宿題あって、どうやって夏休みを楽しんでたの!?楽しくないよ、それ!!」・・・ごもっともでございます。「あ、でも、私、いつも追い詰められるまで宿題しなかったし!結構夏休みは遊んでたよ!!」「・・・それって・・・最後にストレス溜まるだけでしょ・・・」すみません。こんなところで、14歳の姪に注意されるとは・・・

気を取り直して、次の質問です。「夏休みに部活とかで学校には行かないの?」と聞くと、「行くよ。バンドキャンプで!」彼女はマーチングバンド部に属しているので、その合宿があるそうです。他には?「Meet the teacher night」それは何でしょうか?「秋から高校に新入生として入学するでしょ?で、夏休みの間に、そこの先生達が学校を案内してくれたり、ルールを説明してくれたりする日があって、それをこう呼ぶのね。」これは親切な企画ですね。入学式の日、知った顔を探してドキドキするのもいいものですが、「あ、Teachers nightで会ったよね?」と言うのがあると、友達もスムースに作れると言うものです。こちらの学校は、休みの間生徒に解放することがほとんどないという事なので、近所の学校の校庭も、ガラ~ンとしていて毎日寂しそうです。

海外旅行 アメリカ 海外旅行 アメリカ 海外旅行 アメリカ 海外旅行 アメリカ

その他の夏休みの過ごし方としては、「ボランティア」に時間を使うのも一般的だとか。セーラは子供の時から所属しているガールスカウトグループで、小さい子供の指導のボランティアをするそうです。そう言えば、以前私が属していたアニマルシェルターにも休みになると、親子でボランティアに参加したり、高校生のグループが手伝いに来たりしていました。ボランティアを通して、学ぶことも沢山あります。こうして見ると、アメリカの夏休みは、「経験」に重点を置いているのではないか・・・と思えます。確かに、サマーキャンプに親が入れると言う例もありますが、高校生くらいになると、ほとんど全てのイベントへの参加、ボランティアは子供の意思によって決まっているようです。夏休みも、その個性を伸ばす、大切な期間なのですね。

ペットショップ内で開催されている、保護犬猫の里親さん探しのイベント。休みになると、学生さんが手伝いに来てくれます。

ペットショップ内で開催されている、保護犬猫の里親さん探しのイベント。
休みになると、学生さんが手伝いに来てくれます。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る