20150420_165020

【暮らし・住まい】アリゾナにだってあります「花粉症」【アメリカ】

 

20150414_182024ここアリゾナ州、フェニックスには春と秋がありません・・・・ここで生まれ育った人に言わせると、「・・・・あるはずなんだけど・・・・」らしいのですが・・・・現実は、「ないに等しい」状態です。故、4月の半ばなのに35度近くになる日があったりと、「そろそろ冷房が必要なんじゃないの!?」的な勢いです。さて、日本では、冬から春への季節の変わり目に、花粉症に苦しんでいる人は少なくはないと思います。実際、私もその一人でした。

 

外国でアレルギーってあり?

20150414_182043ありです。と言うか・・・・もしかしたらここフェニックスのアレルギー人口は、日本より多いくらいかも知れません。約11年前にここにやってきた時、特にアレルギーのことは考えていませんでした。が・・・・気づいてみると・・・・日本にいた時、毎年悩まされていた花粉症、そして、なんと、顔が腫れあがるくらいひどかった、猫アレルギーまで出なくなっていました(!!)花粉症の方は・・・・おそらく、原因となっていた植物が、気候が全く違うアリゾナには存在しなかったのだろうと言う答えに落ち着きましたが、猫アレルギーが治ってしまったのは、今だに謎です。その話をアメリカ人の友達にすると、皆、揃って驚きます。思えば・・・・私の周りのアメリカ人で、アレルギーを持っていない人の方が少ないのかも・・・・(!!)2・3人、近眼なのに、コンタクトレンズを入れる事が出来ないくらい症状がひどい友達もいます。そう言えば・・・・昔いた職場でも、仕事中によく、「誰かBenadrylかClaritin(両方とも市販されている、最もよく使われるアレルギーの薬です)を持ってる人がいたら、少し分けてもらえませんか???」と言うメールが回ってきたりしていました。そして、必ずこれらの薬を携帯している人がいたものです。

 

いつ、何に反応している?

あ四季がほとんどないに等しいフェニックスでも、やはり新芽が出てくる2月から4月くらいが俗にいう、「花粉症/アレルギーシーズン」であると思います。「思います」と書いたのは、温暖な土地なので、割と一年中誰かしら、アレルギーに困っている人が周りにいるので、時期を限定するのが少し難しいからです。アレルギーの原因も様々で、ある友人は、「オレンジ等の柑橘系の花に反応しているらしい。」フェニックスには、結構柑橘系の木が庭に植えてある家が多いので、これはちょっと厳しいです。また、別の友人は、「ミモザがダメ。あの黄色いの見てるだけで、精神やられる。」・・・・ミモザも暑さに強い植物なのか、あちこちで見かけます。ある人は、「医者に行ったら、『芝生に反応していますね』って言われたんだけど、うち、ゴルフ場の裏なんだよね。ははは。」・・・・今すぐ引っ越してください。そして、これはキツイ!と言うのが、「なんか、サボテンの花がダメらしい。」・・・・もうアリゾナ州から撤退する以外、アレルギーから逃れる方法はなさそうです。フェニックスは、これらの花粉や新芽以外にも、砂漠にある都市のため、砂漠の砂の「ダスト」によるアレルギー症状に悩まされる人も沢山います。そして、「乾燥」です。私は、花粉症はなくなったものの、ここ数年、乾燥で喉が弱くなってしまったらしく、2~6月くらいの間に、「咳喘息」が出るようになってしまいました。

20150420_165020

 

日本のような花粉症対策グッズは存在する?

残念ながら、存在しません。風邪を引いても、マスクを掛ける習慣もありませんし、花粉をブロックしてくれるメガネ等もありません。(目薬や、鼻スプレー等は存在します)このような状態に陥ってしまった際には、職場では、机の上に「マイティッシュ」を確保し、薬を飲んでしのぐしか道はありません。そして、ひたすら季節が変わるのを待つことです。私も12月に風邪から発症した咳喘息が、ようやく引き始めました。もう少し辛い季節が続きますが、花粉症にお悩みの方はどうかお大事に。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る