6975caaa592d9bb0055eccde8263594f

【グルメ・ドリンク】アメリカのバーベキュー【アメリカ】

 
編集_20150615_112732
だんだんと暖かくなり、5月には真夏のような日もあったボストン。冬が長いこともあり、この辺りの人は夏に対する高揚感がより強いような印象を受けますが、アメリカの夏に欠かせないものといえばやはりバーベキューです。そこで今回はアメリカのバーベキューをみなさんにご紹介したいと思います。

 

夏の始まりはもちろんバーベキュー

アメリカは地域によって気候がだいぶ違うのですが、ボストンを含むアメリカ北東部は5月末(5月の最終月曜日)の祝日、メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)を皮切りに夏が始まるという感覚です。メモリアルデーが近くなってくると、あらゆる店にバーベキューグッズや肉、紙皿、アウトドア用のテーブルや椅子が並び始め、その他にもガーデニング用品やプール用品などで夏一色となります。年にもよりますが、夏のように暑いときもあればまだ少し肌寒く感じるときもあり、プールはさすがにちょっと・・ということが多いのですが、メモリアルデーのバーベキューはかなり多くの人が経験していると思います。
編集_20150615_111930

 

マイグリル

私が育った家庭やその周りではアウトドアやバーベキューが大好きという人がそんなにいなかったので、バーベキューと言えば、学校行事やクラブ活動の一環として行くキャンプ場でやるくらいだったのですが、アメリカでは各家庭に1台(ときには2台・・)バーベキュー用グリルがあるといっても過言ではありません。都市部やマンションなどに住む人でも、ベランダにグリルを置いている家庭もありますし、各部屋に置くのを禁止している建物でも屋上や公共のエリアなどに居住者が使えるグリルを置いてあるところが非常に多いです。グリルのサイズは小さいものから大きいものまであり、炭で調理するもの、ガスで調理するものなど様々なメーカーがありとあらゆる居住環境や場所を想定して売り出しています。初めてアメリカに来たときは、どこの家にいってもこのグリルがあるので驚いたのですが、アメリカ人にとってバーベキューは、家族や友達が集まるときはもちろん、普段の夕食のときにも頻繁に登場するメニューで、バーベキューグリルの使用回数がすごく多いということを知りました。
編集_20150615_112011

 

男の仕事?

日本でも、ホットプレートで焼肉や餃子などを焼くときはお父さんの仕事、という話は良く聞きますが、こちらでもグリルを使うのは男の人という場合が多いようです。女性で使いこなす人ももちろん居ると思いますが、家の場合でも、他のバーベキューに行った時もたいてい男性が肉を焼いています。ちなみに私はアメリカに来て7~8年経ちますが、未だにこのグリルの仕組みも分からず使いこなせていません。
編集_20150615_111808

 

白いご飯が欲しくなる・・

日本のバーベキューと違う点は、野菜をあまり焼かないことです。日本のバーベキューではピーマン、たまねぎ、しいたけなど野菜も焼いて焼肉のたれなどをつけて食べるのが一般的ですが、こちらでは、あらかじめ肉に味付けをしておいて焼く、そしてサイドに野菜サラダやゆで野菜をつけて食べるということが多いです。野菜を焼くといえば、肉と野菜を串にさして焼くケバブ、副菜として食べるとうもろこしを焼くくらいではないでしょうか。他に違う点といえば、肉のサイズです。日本は薄切りの肉を短時間で焼いてどんどん食べますが、こちらはステーキ状のものが多く、少し時間がかかります。日本では1回のバーベキューで牛、鶏、豚と色々な種類を楽しめますが、こちらでは肉1つの量が多いので、今日は鶏、次回は豚、その次はハンバーガーとなることもあります。また、白いご飯と食べることも少なく、マッシュポテトやパン、ポテトサラダなどと食べることが多いです。
編集_20150615_133356

 

子供人気はホットドッグ

子供に大人気のメニューはホットドッグです。日本でもコストコなどで目にする機会も増えているかもしれませんが、パンにソーセージを挟み、その上にケチャップやマスタード、お好みでたまねぎなどをかけて食べるのが一般的です。こちらのホットドッグはとても塩辛いものが多く、私は日本のソーセージのほうがうまみがあっておいしいと思うのですが、子供達はそんなことは気にもせずホットドッグにかぶりつきます。
編集_20150615_112750

 

日米バーベキュー対決?!

私の個人的な見解ですが、肉の味や種類、野菜とのバランスや白いご飯との相性などを考えると日本のバーベキューの圧倒的勝利ですが、こちらのグリルで焼く大きな肉を緑の生い茂った芝の上で食べたり(星条旗のデザインの紙皿や紙ナプキンの使用をおすすめします。)、ビールを瓶からそのまま飲んだりと、雰囲気を楽しめるのはアメリカならではだと思います。 みなさんも機会があれば、是非アメリカでバーベキューを体験してみて下さい。
編集_20150615_112223

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る