編集_写真1

【暮らし・住まい】アメリカの休日事情【アメリカ】

編集_写真1「日本人は勤勉だ。」と昔から世界で言われていますが、自身の目で見て肌で感じて、それが本当なのだと日々実感しています。アメリカの会社は企業によって違いはあるものの、休みを取りやすいシステムになっているせいか年中あちこちへ旅行に行っているように見える人も少なくありません。地域によっても違いがあるのでしょうか?今回は私が住むアメリカ南部の人達の休日事情をご紹介したいと思います。

 

偏りすぎな大型連休

バケーションと言うとやはりこんな雰囲気なのでしょうか。

バケーションと言うとやはりこんな雰囲気なのでしょうか。

日本では春にゴールデンウィーク、夏にはお盆休み。秋にはここ数年で定着しつつあるシルバーウィーク、そして冬は年末年始と季節ごとにまとまった休みが均等に取れるように配慮されているように思えます。祝日やちょっとした連休はアメリカにもありますが、日本の方がバランスが良く見えます。アメリカでは日本のように季節ごとの休みはないのですが学生に限って言えば春と冬に短めの休みがあり、秋にはまとまった休みはありません。ですが州によって多少の違いはあるものの、多くの学校では5月後半から8月の中旬までと約3ヶ月の長期に渡る休みがあります。日本と比べるとかなり偏っていますよね。ですが社会人になれば約3ヶ月の夏休みは当然なく、更に日本のお盆休みのようにまとまった休みもないので、夏の家族旅行には有給休暇などを使って出かける人が多いようです。

 

スケジュール管理は自分でしっかりと

アメリカの会社全てが同じシステムではないので一概には言えませんが、親族や知人の仕事場では週5日で40時間働くと決まっていると聞いた時、移住当初はその勤務体制に驚いたのを覚えています。例えば月曜日から水曜日までの3日間を12時間働き、木曜日の午前に4時間働く。木曜日の午後から翌週の月曜日までは休日というスケジュールに組み替えることが可能な職場もあると。また平日の1日を休みにしたいので、その日の分の労働時間を他の日に振り分けるなど、有給休暇を使わずに仕事を休む方法が日本よりも多いというか、根本的に仕事に対する姿勢が違うのだろうか?と思わずにはいられませんでした。連携プレーのように仕事をするような職場だとこれは難しいと思うのですが、中にはそれでも「来週まで出勤しないから何かあったら携帯に連絡ちょうだいね~」と退社する人もいると知り、これにも驚いたものです。

また航空関連会社に勤める親族がいますが、隔週で金曜日が休みになるため月に2度、3連休が確保出来ます。そこに有給を1日足しただけで4連休。4日間あれば近場のリゾートまで行くには十分なのではないでしょうか。更には知人は銀行勤務ですが、デスクワークなので最近、在宅に切り替えて会社へは週に3~4日の出勤で済ませている、というスタイルの人もいます。

日本の企業でもフレックス制を導入している所もあるようですが、アメリカの企業は勤務形態も実に様々でありコツをつかめばちょっとしたバケーションがかなりの頻度で楽しめるのではないでしょうか。学生の夏休みにあたる6月~8月は日本同様、アメリカ国内の航空チケットも値段が高くなりますが、上記の様に休日を上手い具合に調整出来るのならばオフシーズンに格安で旅行に行けますね。こういった所も日本と大きく違う部分でしょうか。

この界隈ではあまり見かけないので記念に撮影。これに乗ってアラスカへ、もいいですね。

この界隈ではあまり見かけないので記念に撮影。これに乗ってアラスカへ、もいいですね。

 

有給休暇の消費

では有給休暇についてはどうでしょうか。親族や知人、自営業以外で企業に勤めている人20人に聞いてみたところ、「年間○○時間、(または日数)有給休暇として取ること」と定められている場合、年度末までに消費出来ないと翌年にスライドされます。要は1年間有給を使わなければ、翌年に使わなかった前年分が足され、倍の長さになるわけです。我が家では数年前にこれを利用して、オフシーズンにいつもよりも長いバケーションを満喫しました。ですが知人の会社では毎年その年度末までに消費出来なかった休暇はリセットされてしまうため、使わないと損だという事で知人はきちんと毎年使いながら素敵な休日を過ごしています。どちらのシステムにせよ、休暇を有効に利用してしっかり休む。これもまた日本だと出来そうで出来ない事もあると思うのは私だけでしょうか。

アメリカ国民の全てがそうだとは言いませんが、この国の人達は仕事もさることながら遊ぶ時は大人も一生懸命遊んでいるように私の目には映ります。休日に家族や友人と目一杯遊び、休日を楽しむために仕事も頑張る。そんな人々に囲まれている生活もまた、この国を素敵だと思わせる要因の一つかもしれません。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る