20150816_115529

【暮らし・住まい】行楽シーズンのお弁当事情【アメリカ】

アメリカ_青空

夏休みももうじき終わり、秋になると紅葉狩りや果物狩り、ハイキングなどを楽しめる行楽シーズンとなります。

行楽シーズンに欠かせないものといえばお弁当ですが、日本ではこの時期になると豪華なお弁当が売っていたり、小さい子供が居る家庭ではキャラ弁を作ったりと、色々な種類のお弁当を見ることができます。
そこで今回はアメリカのお弁当事情を少しご紹介します。

実はランチ持参が多い・・

アメリカに行楽シーズンという概念があるのかどうかはよくわかりませんが、四季のあるニューイングランド地方では過ごしやすい春、夏、秋にはお昼を持ってピクニック・・ということもよくありますし、秋は日本と同じように紅葉を見に行ったり、果物狩りに行ったりします。
私がよく思うのはアメリカ人は実は日本人より自宅からお昼ご飯を持って行くのではないか?ということです。日本ではスーパーやコンビニなど色々な場所でおいしいお弁当を買うことができ、値段もお手頃、種類も豊富なので、自宅で作って持っていかなくてもそんなに困ることはないかと思います。アメリカもスーパーやコンビニなどはたくさんありますが、日本と比べるとお昼ごはんの種類があまり豊富ではないことや、国土が広く、目的地の近くにお店がない場合もあったりして、お昼ご飯を自宅から持って行く人が多いのです。さて、その気になる中身をご紹介したいと思います。

20150816_122932

お弁当の定番

定番はなんと言ってもサンドイッチ
日本でいうおにぎりにあたるのではないでしょうか。中身はハムやチーズだけの場合もあれば、レタスやトマトなど野菜を足している場合もあります。なんと言っても作るのも簡単ですし、どこでも食べやすいこともあって定番中の定番となっています。スーパーにはハムやチーズ、ピクルスなどサンドイッチの中身になるものがたくさん売っています。
ちなみに、日本で売っているような卵のサンドイッチやカツサンドイッチなど凝ったものはあまりこちらでは見かけません。日本のサンドイッチはもはや本場のものを超していると言っても過言ではなさそうです。

20150816_115529

子供のお弁当の定番

こちらで子供のお弁当といえば、ピーナツバター&ジェリー(ゼリー)サンドイッチです。これは初めて見たり聞いたりする日本人には衝撃度が高いかもしれません。私も初めて見たときはこんなものがお昼ごはんでいいのか?と思ったほどです・・こちらの食パンは小さめのサイズで、サンドイッチを作りやすいような大きさになっています。まずそれを2枚用意して、片方にピーナツバター、もう片方にグレープのジャム(正確にはジャムより少し固く、ゼリー状です。)を塗って合わせただけのものです。あまりにもよく使う組み合わせなので、ピーナツバターとグレープのジャムが一緒になった商品も売っているほどです。これがこちらの子供には大人気で、お出かけのときのお昼としてはもちろん、学校へ持って行くお弁当としても人気のメニューです。親としては朝作るのもとても簡単で、子供も大好きならこれ以上のものはない・・といった感じなのでしょうか。私も家に何もないなあ・・というときはこれを作って子供に出すこともあり、昔は衝撃を受けた自分も、親となってみると簡単で楽なものにはついつい頼ってしまっています。

アメリカのお弁当の定番はサンドイッチ

サイドメニュー

私がアメリカのお昼ご飯(お弁当)について感じるのは、質素で、空いたお腹をとりあえず満たす程度のものなのかな・・という印象です。家庭や人にもよるのかもしれませんが、お昼は何か軽く食べるという人が多いように思います。職場でも家から残り物などを持ってくる人もたくさんいます。サンドイッチや残り物がメインとすると、そのサイドも気になる所ですが・・こちらも人それぞれなのでこれが定番とは言いづらいのですが、野菜スティックをお弁当に入れて持ってくる人はよく見かけます。こちらも準備が簡単なのが特徴で、セロリやにんじん、ブロッコリーなどをそのまま生で食べます。にんじんは、食べやすい一口サイズに切って洗ったものが売っていて、それをタッパーやジップロックに入れるだけ・・こちらもアメリカに来た当初は衝撃でしたが、慣れてくると、簡単で栄養もあるしまあいいか・・という感じになりました。

お弁当のお供ににんじんスティック

お店では・・

お店で買えるお弁当といえば、やはりサンドイッチ、サラダ、スープなどが主流で、お店によっては寿司や中華料理なども売っていますが、子供用のお弁当でこれは日本には売っていないな・・というものを1つご紹介したいと思います。この商品はもうお昼ご飯セットになって売っているのですが、クラッカーにチーズやハムが挟まっていて、ジュースやデザートもついています。初めて見たときはクラッカーがお昼ご飯というのはどうなんだろう、と思ったのですが、アメリカ人があまりお昼ごはんやお弁当というものに重きを置いていないというのが納得できる商品だと言えます。

20150816_115433

最近はお弁当がBENTOとしてこちらでも人気を博しており、BENTO BOXといって日本のようにご飯やおかずなど栄養バランスも良く、見た目もきれいなものを売っているところが増えてきたように思います。ときどき日本食が恋しくなる私としては、とてもありがたく、嬉しい限りです。

 

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る