海外旅行 アメリカ イベント アリゾナ

【イベント】アリゾナ3月のイベント【アメリカ】

 

いよいよ3月に入り、気候もとても良くなったフェニックスです。さて、3月と言えば、「スプリングトレーニング」です。日本で言うところの、宮崎で行われるプロ野球のオープン戦のような感じです。メジャーリーグを2つに分け、アリゾナとフロリダで、シーズンに入る前の「練習試合」を行うのです。

さて、どんなチームがアリゾナでキャンプをしているのでしょうか。まずは地元、私が贔屓にする、アリゾナ・ダイヤモンドバックス。1998年に設立された、メジャーリーグの中では新しいチームです。過去に、昨年楽天ゴールデンイーグルスに在籍した、斎藤隆選手が在籍していたこともあります。その他のチームは、ロサンゼルス・ドジャース、シカゴ・ホワイトソックス、ミルウォーキー・ブルーワーズ、田中賢介選手を擁する、サンフランシスコ・ジャイアンツ、ロサンゼルス・エンジェルス、クリーブランド・インディアンズ、サンディエゴ・パドレス、青木宣親選手が在籍する、カンザスシティー・ロイヤルズ、シンシナティ・レッズ、コロラド・ロッキーズ、藤川球児、和田毅両選手(マイナー契約)が在籍する、シカゴ・カブス、中島裕之選手が在籍する(マイナー契約)オークランド・アスレチックス、そして、ダルビッシュ有選手の、テキサス・レンジャーズの、計5チームで、リーグの名称をアリゾナに因んで、「カクタス(サボテン)・リーグ」と言います。

ほとんどの試合は、午後1時過ぎから開始され、暖かい(時には暑くてイタイ)、アリゾナの青空の下、リラックスムードで行われます。外野後方に設置された芝生席で、寝ころびながらピクニック気分を満喫するファンも少なくはありません。チケット料金は、公式戦の料金より格段安く、しかも球場が狭いので、選手のプレーを間近で見ることが出来る上、頑張って試合開始時間より少し早く行くと、練習中の選手からサインを貰ったりすることも可能なのです。故、この時季になると、州外からも沢山のベースボールファンがやってきます。

今回、スコッツデールにある、ダイヤモンドバックスとロッキーズが共有する、「ソルトリバー・フィールド」に、ダイヤモンドバックスとロッキーズの試合を観戦しに行ってきました。何故この試合を選んだのかと言うと・・・ダイヤモンドバックスの「将来のエース候補」、アーチー・ブラッドリーの登板予定日だったのです・・・!これもスプリング・トレーニングならでは。日頃、公式戦では見ることの出来ない、将来の有望選手「プロスペクト」のプレーを見ることが出来るのです。ブラッドリーもその一人。ピッチャーのプロスペクトの中では、メジャー全体のNo1とされている選手です。チケット代が安いので、バックネット裏のど真ん中、前から4列目をゲット!!これが公式戦なら、とても手が出る場所ではありません。(笑)

まずは、ピザとビールを買い(重要です)、いざ席へ。が、着いた途端に、国歌斉唱・・・で、ピザとビールを持ったまま、凍てつく私。出だしから毛躓いてしまいました。が、国歌斉唱後、気を取り直して着席。試合に集中する為、物凄い速さでピザを食べ、最後の一口を口に入れた時、プレイボール!ブラッドリーの初登板です。一回の登板は、凄い早さで2つの三振を奪い、3人目を打ち取り、悠遊とベンチに引き揚げていきます。後半、少しコントロールの乱れもありましたが、デビュー戦にしては申し分のない出来でした。スプリング・トレーニングは、飽くまでも選手の「調整」の為のトレーニングです。公式戦が近づいてくると、サスガにリラックスしているわけにはいきませんが、3月半ば過ぎまでは、全体的にゆる~い試合が展開されます。私が行ったこの試合も、主審もスッカリリラックス。客席のファンとジョークの飛ばし合いをする場面もありました。後、3-4試合観に行き、このゆる~い雰囲気を満喫したいと思います。ビールと野球。3月のアリゾナはこれにつきます。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る