20140517_204253_1

【暮らし・住まい】「Manga」は立派な英単語【アメリカ】

20140517_203641_1

夏です。本格的な夏がフェニックスにやってきました・・・40度台に突入も間近です。ついつい引きこもりがちになってしまう夏ですが、今日はアメリカの日本文化を探して、地元の本屋さんへ行ってきました。

20140517_204253_1

日本の「まんが文化」が海外で人気なのは周知の話。が、「人気」と言っても、実際、どの程度人気があり、今、どのようなまんががティーンの間で読まれているのでしょうか。早速に、現在中学生の姪、セーラに聞いてみると・・・「私、あまりまんがは読まないのよね」・・・え・・・そ、そんな!!「あ、でも、友達に好きな子何人かいるから、ランチタイムに聞いてあげるよ!」・・・さすがセーラ!!

Fairy TailSoul EaterBleachYu-Yu HakushoFull metal alchemist. Fruits basketsDuarururuTaubisa chronicalsCard Captor SakuraOuran Highschool HostclubFull metal alchemist  brotherhoodBlood +Rosadrio + vampireHetaliaBlack Butler・・・

20140517_203647_1

そして返ってきた答えがこれでです。ほとんどのものは、日本語タイトルと同名になっていますが、「Full metal alchemist」(鋼の錬金術師)のように、違うものもあります。ゲーム等の影響で、もっとファンタジー一色になるかとおもいきや、意外と「桜蘭高校ホスト部」等と言う、日本独自(?)の特殊な文化(??)を題材にした話まで含まれていたのには、少し驚きました。姪に、「アメリカにはアメリカン・コミックも存在するのに、どうして日本のまんががこんなに人気なの??」と聞いてみたところ、「アメリカの文化はダメなのよ!今は日本とイギリスよ!!」との回答・・・「日本とイギリスって??この2つも別にかぶってるわけじゃないしょ?なんで、この2つなの!?」と更に突っ込んで聞いてみると・・・「え?だって、日本のは可愛いし、イギリスはホラ、One Direction(ワン・ダイレクション)とかいるじゃない!?」・・・日本は「可愛い」で、イギリスは「アイドルバンド」ナルホド。共通点を無理やり探すと、「ライト(軽い)なポップカルチャー」と言った感じでしょうか・・・。確かに、アメリカのヒーローもののコミックは、バットマンやスパイダーマンにしても、絵柄/ストーリ共に、暗くて、重い・・・モチロン、それらのアメリカン・コミックには、根強いファンもついています。が、現代のティーンエイジャーにウケるのは、よりライトで、次から次へと流行に伴って、乗り換えて行ける、日本のまんがのポップで軽い感覚なのかも知れません。

20140517_204318_1

 

さて、本屋に話を戻します。行ったのは、どこにでもある大手ブックストアチェーンの、「Barnes & Noble」です。果たして、どの位、まんがを扱っているのでしょうか・・・?最初は、何故かCD等のコーナーの近くにあるのではと思い、店の奥に進むも発見できず・・・そこから店内をかなりの勢いでウロウロしてみましたが、どうしてもまんがコーナーが見つかりません。後、チェックしてないエリアは―と、フィクションを扱うコーナーの手前まで行くと・・・ありました・・・!!しかも、予想していた「Comic」ではなく、ナント、「Manga」のコーナーに!!これはちょっとビックリです。既に何人かの人が足を止めて、いくつかのまんがをチェックしていました。ざっとみたところ、少年向けのまんがが目につきます。そういえば、姪のリストのまんがほとんどが、少年コミックだったことを思い出しました。「進撃の巨人」(Attack on Titan)に、丁度新しい巻が出たらしく、コーナーが設けられていました。この、「進撃の巨人」もかなり高い人気を誇っているそうです。でも、絵も、ストーリーも、可愛いには程遠い・・・が、その重い話の中に出てくる個々のキャラクターが、それはそれで人気だそう。そう言えば、日本のまんがは、重い話の中にも、たまに少しギャグががった場面が出てきたりしますね。これは、アメリカンコミックにおいては、あまり見られない現象かもしれません。登場人物のキャラの細かな表現、絵柄の「可愛さ」、ストーリーの繊細さ・・・そして、アメリカンコミックに比べ、ライトでポップな感覚が新しいスタイルとして、アメリカの若い世代に受け入れられ、日本の「MANGA」が英語文化の中においても、一つのジャンルとして確立された・・・と言うことではないかと思いました。そう言えば、「ドラえもん」のアメリカンバージョンがもうすぐやってくる!と言う話も耳にしました。「Hey Doraemon!」などと、英語をしゃべるのび太君をテレビで見るのも、面白いかも知れません。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る