乗ってみると結構な振動がお尻を直撃。

若者限定?夏休み中のアルバイト事情[アメリカ]

 

7月も終わりに近づき、夏を満喫している方も多いかと思います。夏と言えば学生の皆さんにとってはアルバイトにうってつけのシーズンなのではないでしょうか。
アメリカにも日本同様、企業や店舗へ出向いて面接を受けて働くという形式は勿論あります。ですがそれだけではなく、ご近所を歩いて一軒一軒ドアを叩いて用を伺い、働いて現金を受け取るという方法が昔からあるようです。もしくは知り合いの知り合いから紹介されて仕事を得るというのも珍しくないとか。今回はこの界隈で見聞きした小さなアルバイトをご紹介したいと思います。

 

これぞ伝統。芝刈りはお任せ

市販の芝刈り機。若者がこれを押してご近所を練り歩きます。

市販の芝刈り機。若者がこれを押してご近所を練り歩きます。

春先から夏の終わりまで、庭の芝生は物凄いスピードで成長します。毎週末に芝刈りをする家庭は業者を雇うのが主流ですが、この時期になると自ら芝刈り機を押して朝から住宅街を練り歩く少年達を見かけます。先日、親族の家にいた時に大学生だという男性が芝刈り機を押して「芝を刈りましょうか?」とやって来ました。ちょうど家主が「芝を刈りたいけど背中が痛くて・・・」と言っていたのでその男性に頼むことに。現代の日本、特に都市部ではこれは見られない光景ですね。見知らぬ人が自宅の庭に入ってくるということ自体、信じられない事かもしれません。

乗ってみると結構な振動がお尻を直撃。

乗ってみると結構な振動がお尻を直撃。

これは裏庭ですが表も横も家を囲む敷地全てを刈らなくてはならないので、手押しの物ではなく家主がこの芝刈り機を男性に提供。楽そうに見えますが炎天下で長時間の作業はなかなかの重労働です。とても丁寧な作業だったので1時間近くかかって終了しました。植木の剪定も「ついでだから」とやってくれたのですが、夏の間のお小遣い稼ぎには見えないほど、プロの様な仕事ぶりでした。聞けば1日に多いと4件ほど回ったりするのだとか。自宅付近の業者の値段は庭の広さにもよりますが、通常約2千5百円前後。ですがこんな風に直接やって来る人達はそれよりも格安の値段で作業を受けてくれます。この青年には庭の広さを考慮して多目に渡していました。我が家にも十代の青年が週末になるとやって来ますが、今年は雨も多く芝生の生長が早いことから芝刈りのアルバイトは例年よりも稼げるかもしれません。

 

将来に役立つベビーシッター

年齢の違う子供を複数見るのは大変な仕事です。

年齢の違う子供を複数見るのは大変な仕事です。

少年、青年達がこの時期に芝刈りをするのと同様、少女達にもポピュラーなアルバイトがあります。それがベビーシッターです。この地域では12歳以下の子供を残して大人が外出する事は犯罪行為となってしまうため、ベビーシッターはとても重宝されています。17歳以上ならば夜間も安心なのか、知り合いや親族の女の子に子供を預けて両親が夜に食事へ出かけたりする事は珍しくないようです。デイケアなどに預けに行き迎えに行く手間や、全く面識のない人にわが子を預ける事を考えるとこの方法はお互いに良いのかもしれません。日本ではどうなのでしょうか。認可されていない保育所や保育士などが関わった事件も起きていましたが、それはアメリカも同様だと思います。違うのはこうしてアルバイトとしてベビーシッターを頼む事が日常化しているかどうかなのではないでしょうか。以前、ご近所さんの娘さん2人(16歳と17歳)が子供を預かってくれると言う事で、我が子を預けた事があります。

実際に携帯に送られてきた画像。静かに映画鑑賞中でした。

実際に携帯に送られてきた画像。静かに映画鑑賞中でした。

携帯に随時、「今○○をしていますよ」と写真が送られてきたり、私達では考え付かないような楽しい遊びを考えてくれたりと、とても素晴らしいシッターさんでした。他の家のお子さんも含めて4人。3時間ほどで我が家は3千円程渡したのですが、チップを足そうとしたら「次もまた呼んで欲しいので」と受け取ってもらえませんでした。子供1人につき3千円で合計1万2千円。2人で分けても自給2千円程になるとあって、これは良いアルバイトかもしれません。その後もお願いしましたが、素晴らしいベビーシッターさんでした。アルバイトといっても彼女達のように既に自営業のような形態できちんと働いている若者達も多いのかもしれませんね。

この他にも犬の散歩や車の洗車、ご近所の家族が旅行でいない間、庭に水をまいたりなど、ほんのちょっとした仕事をする若者もいるようです。夏休みのお小遣い稼ぎというにはあまりにもプロフェッショナルであったり、もう既に事業を起こせるのではないかと思うほどしっかりしている彼らを見ると、日本のアルバイトの形態とは少し違うかもしれないと思わずにはいられません。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る