編集_1_141011 262_1

Fleet Week – San Franciscoの秋のイベント[アメリカ]

 

編集_1_141011 262_1

航空ショー

秋のサンフランシスコで航空ショーがあるようだ、と知ってはいましたが、飛行機に興味がないし、遠いし混みそうと敬遠していました。けれど、今年は行く気になりました。昨年、大人気のBlue Angelsの航空ショーがなく、多くの人ががっかりしたのですが、今年はあるというので「一度見ておくか」と早起きし、昼過ぎからの航空ショーを楽しみました。残念ながら途中でゴールデンゲートブリッジに霧がかかりましたが、アルカトラス島をバックにThe Patriots Jet Teamが飛ぶ姿に惚れ惚れしました。「今、逆さま?」「まっすぐに落ちてる?」と、見ているものを確認したくなるほどの曲芸飛行。まさに「あっぱれ」でした。Blue Angelsは轟音もかっこよく、大いに盛り上がりました。

 

噂のBlue Angels

飛行機の動きが、あんなに美しいとは知りませんでした。一体、「Blue Angelsとは何だろう?」と調べたら、「アメリカ海軍所属のアクロバット飛行隊」とありました。オフィシャルサイトによると、Blue Angelsの使命は、「航空ショーやコミュニティ活動を通じ、海軍、海兵隊として米国に従事している誇りやプロとしての意識を紹介する」ことのようです。その誇り、きっちり拝見しました。サイトのQ&Aには、「どうしたらBlue Angelsのパイロットになれますか?」という質問もあり、面白くて読みごたえがあります。
編集_2_141011 367_1

海軍、海兵隊の船見学

事前に調べもせず、航空ショーのイベントだと思って行きましたが、埠頭では、見慣れない船の上に兵隊さんがきれいに並んでいました。「Fleet って艦隊のことかしら」と、今さらながら辞書を引くと、「海軍、艦隊、船隊、船団 航空隊、飛行機隊」と出てきました。USS AMERICAなど海軍、 海兵隊、沿岸警備隊の船が見学可能だったとわかり、残念なことをしました。とはいうものの、航空ショーの場所とりをしていたし、1日では無理でしたね。疲れたので帰りましたが、夜は花火、日曜日の午後にはパレードもありました。出店もありましたが、とにかくものすごい人手で店のそばにも行きませんでした。あんなにたくさんの人をサンフランシスコで見たのは、初めてです。
編集_3_141011 441_1

 

駐車場など

通常、埠頭近辺の駐車場は1日30ドルだと思っていましたが、イベント会場に近づくにつれ、値段が上がりました。ここは40ドル、その先は50ドルと驚きましたが、80ドルの所もありました。遠くに車を停めて歩く人、バスなどに乗ってイベント会場に向かう人もいました。行きはよさそうでしたが、会場からバスに乗って帰ろうとする人の列の長かったこと。車で行くにしろ、公共機関を利用するにしろ、渋滞で、なかなか家に帰れそうにありませんでした。時間に余裕をもって行動せざるえない状況と思われました。

 

もうすぐハロウィーン

帰り道、サンフランシスコの坂を上り下りしていると、あちこちのハロウィーンの飾りつけを見てわくわくしました。私のカンザスでの学生時代のルームメートは、1年のイベントの中で、一番ハロウィーンが好きだと言っていましたっけ。怖がりながらも、子どもたちもハロウィーンでミニお化け屋敷のようになった家に、”Trick or treat”に行くのを楽しみにしています。秋の大イベントです。
編集_4_141011 471_01_1

 

パンプキンパッチ

スーパーではオレンジ色のパンプキンが山のように置いてあるし、パンプキン仮設即売場も賑わっています。あちこちで、大きなパンプキンコンテストも開催されています。私好みのパンプキンが3ドルで売っていたので、1つ買いました。ハロウィーンが近づいたら、頑張ってパンプキンの中身をほじって、キャンドルを立て、ハロウィーン気分を盛り上げる予定です。パンプキンの種をオーブンで焼いて食べるのも、今から楽しみにしています。パンプキンパイとアップルサイダーも忘れずに。
編集_5_141013 004_1

ご参考:
1) http://fleetweeksf.org/
2) http://www.blueangels.navy.mil/

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る