アメリカでよく見かけるスイーツの代表格です。

【グルメ・ドリンク】日本人の口にも合う?アメリカのおすすめスイーツ【アメリカ】

 

アメリカでよく見かけるスイーツの代表格です。

アメリカでよく見かけるスイーツの代表格です。

日本には和菓子、洋菓子と様々なお菓子があり幅広い年齢層から支持されていますね。その特徴は繊細で美しい見た目と、子供から大人まで楽しめる控えめな甘さではないでしょうか。
今回は、日本とは全く違うと言っていいほど見た目も味も違うアメリカならではのスイーツをご覧いただきたいと思います。

 

見るだけで胸がいっぱい

この界隈だけかもしれませんが、日本のデパートやケーキ屋さんの様に一切れずつケーキが並ぶショーウィンドーという物をあまり見かけません。そのかわりにカップケーキはスーパーやベーカリーにぎっしり並び、カップケーキ専門店も頻繁に目にします。誕生日パーティーや学校主催のバザー、自治会のイベントなどでもカップケーキが主流である事が多いように感じます。切り分けずに手掴みで食べられる手軽さが愛される要因なのかもしれません。
ですがアメリカで見るカップケーキは、日本で生まれ育った人から見るとまるで色鮮やかなオモチャの様に見えるのではないでしょうか。味について感想を述べる前に、その強烈な見た目で口に入れるのを戸惑ってしまうのです。

海外旅行 アメリカ 海外旅行 アメリカ 海外旅行 アメリカ

特に誕生日用のカップケーキともなるとインパクト重視なのか、それはもう“激しい”としか言いようのない見た目の物も珍しくありません。そして味に関しては口に入れるとスポンジの部分は甘みが強く、しっとりしています。このしっとりした食感を出すのに大量のサラダオイルを投入してスポンジ生地を作ります。この作り方を知ってから一層口にするのをためらうようになってしまいました。次にカップケーキの要となるクリームの部分ですが、こちらではフロスティングと呼ぶのが一般的だそうです。生クリームだと形が持続せず、日持ちもしないのでバタークリームや粉末から作るフロスティングを使うのがほとんどで、これらを使ったカップケーキが常温で一週間前後、放置されているのをよく見かけます。数日後にはフロスティング部分の砂糖が固まるせいか、ジャリジャリした歯ざわりになる事もよくあるようです。

 

これなら食べられる!日本人にも優しいカップケーキ

さて、イベントの度にそして行く先々で強烈なカップケーキを見て食べて来ましたが、とうとう「これは美味しい」と思えるカップケーキに出会えました。
編集_image007_1店がある場所は大通り沿いですが、注意していないと見落としてしまうくらい静かな場所にあり、店構えもとてもシンプルです。中に入るとさぞかし派手なカップケーキがずらりと並んでいるかと思いきや。

一見すると寂しい見た目ですが・・・

一見すると寂しい見た目ですが・・・

ショウケースの中には数える程しかカップケーキがありません。ご夫婦で経営されている様ですがなるべくフレッシュな物を提供したいため、大量生産をせず少しずつ作っているそうです。
開店後しばらくすると次々にお客さんがやって来て、カップケーキを買ったりパーティー用に注文したりと賑やかになっていきます。ではこちらのカップケーキをいくつかご紹介します。
編集_image011_1左がレモンパイ、右はレモンクリームチーズ。どちらもよく見るアメリカのカップケーキに比べると色が優しく、ホッとしてしまいます。レモンパイのクリームは生クリームを使用、もう一つのフロスティングはクリームチーズが入っています。どちらもクリームは驚くほど甘さ控えめで、スポンジ部分共に甘酸っぱいレモンの風味がたまりません。
編集_image013_1次は日本ではあまり馴染みがないですが、アメリカではポピュラーなスイーツの1つであるキーライムパイをカップケーキにしたものです。色はやはり日本の物に比べれば鮮やかですが、こちらのどぎつい色合いのカップケーキを見慣れていると「何て淡いきれいな色!」と思ってしまいます。味はライムの酸味と上に乗っている甘さ控えめな生クリーム、そして生地の程よい甘さでとても良いバランスの一品。口に入れた時の爽やかな風味は絶品です。

おすすめはこれです。

おすすめはこれです。

そしてお土産に持っていくと一番喜ばれるのがストロベリーショートケーキです。食べてみると、人工的な苺の風味ではなく、生地にも練りこまれた苺の風味がふんわりと香ります。やはり甘さ控えめな生クリームとそれに絡むストロベリーソースが絶妙で、日本のケーキ屋さんにあってもおかしくないほど「美味しい!」と感じた一品でした。
1つずつの値段は日本円にして約300円前後。6個入り400円程で買えるスーパーのカップケーキに比べると安くはありませんが、食べ比べてみれば納得の値段だと思います。

このお店で最も驚いたのは「なるべく今日中に食べて下さい。生クリームを使用している物は冷蔵庫から出して4時間以内に食べるのがベストですよ。」と言われた事でした。日本では当たり前ですが、アメリカに移住してから飲食店でこの言葉を聞いた事があったでしょうか。賞味期限や食品添加物に大らかなこの国でこの職人気質。とても良心的なお店だと思いました。
チョコレートやキャラメル、バタークリームを使ったカップケーキは上記の爽やかな物に比べると甘さは強いですが、その濃厚な味やシンプルな見た目は悪くないと思います。

この近辺にお越しの際は少し足を伸ばして、日本ではなかなか味わえないスイーツを試してみませんか?
詳しい情報はこちらをどうぞ。カップケーキの写真も見る事が出来ます。

Cupcake Loco
http://www.cupcakeloco.com/Menu.html

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る