20150212_154900

【祝日・記念日・年中行事】意外とシンプル?~アメリカのバレンタイン【アメリカ】

 

20150212_155948

2月に入り、30度近くの気温を記録しているここフェニックス。マイルドな冬で、州外の旅行者も沢山訪れるこの時期ですが、30度というのは例年に比べ、少々高めな気温です。このままでは40度に到達する日も遠くはないと、少し不安になっている今日この頃です。さて、後数日で、「バレンタインデー」となります。こちらのバレンタインは日本と違い、女性から男性に告白する日ではなく、性別に関係なく告白したり、またはカップルの人はロマンティックなデートを楽しんだりする日です。そして、「義理チョコ」という習慣はありません。お返しをする「ホワイトデー」は日本だけの習慣です。が、贈り物の主役は「チョコレート」と言うのは同じです。

 

どんなチョコレートが?他にはどんなプレゼントが一般的?

20150207_183437-tile専門店に行くと、また違うと思いますが・・・一般的にはやはり、ハート、ハート、ハート、です。サイズも色々。かなり巨大なものまであります。中には、お約束といいますか・・・やはりスポーツ好きの彼の為の「アメフトデザイン」のハートチョコ等もあります。これだけハートチョコが並ぶと、さすがに目移りしそうです。その他、チョコレートと並んで人気のプレゼントは「花」です。花+メッセージつきのバルーンの組み合わせも人気です。映画によく出てくる「バラ100本」の花束もこの日には現実的!後は、アクセサリーや洋服等のプレゼントもありですが、やはりバレンタインの王道と言えば「チョコレート」「花束」につきます。それにカードをつけて、デートへ!というパターンが一番一般的ではないでしょうか。

20150212_154703

 

アメリカ人カップルの今年のバレンタイン

現地のカップルは、プレゼント交換の他に、どのようなバレンタインの過ごし方をするのでしょうか?友人の仲良しカップル、トレイシーとニールに聞いてみました。「バレンタインって、リテールがお金を使わせる為の陰謀だと思うのよね!だから、便乗するのは実はあまり乗り気じゃないのよ!」とトレーシー。やはりこちらの人でも、このような現実主義の人はいます。が・・・「でも、毎年、ディナーに一緒には出掛けるよ。」一応、完全無視はしないらしいです。「でも、プレゼントとかはなし!ここは2人とも同意してるから。」なるほど。一方、旦那さんのニールは・・・「プレゼントは特別に用意したりしないけど、カードは贈るよ!」とのこと。アメリカの方が日本よりしっかりイベントをこなすのかと思いきや、意外とシンプル。が、その一方で、もちろん「しっかりこなす派」もいるわけで、ちょっと高めのロマンティック系レストランは、予約がいっぱいです。そして、大抵その手のレストランは、バレンタイン当日には、「バレンタイン・コースメニュー」しか存在せず、その3~5つほどのコースの中から、好みのものを選ぶと言う形になります。そしてそのお値段は・・・通常よりかなり高めに設定されていることが多々あります。でも、年に一回のロマンティックイベント。確かにリテールの陰謀かも知れませんが、便乗してしまうのも良しですね!

20150212_154900

 

現地の「怖~い」バレンタインイベント

さて、最後に、フェニックスの「怖~い」バレンタインイベントを紹介しましょう。私の住むところから車で約10分ほどのところにあるお化け屋敷「13thFloor」 http://13thflooraz.com/。ここで行われるイベント、バレンタインの前日、2月13日(金)と当日14日(土)に行われる「Valentine X」。チェーンソーを振り回す「ベア・ブッチャー」等のモンスターのいるお化け屋敷を探索し、カップルの「絆」が本物かをテストする・・・そんなイベントだそうです。

http://www.fox10phoenix.com/story/28066695/2015/02/09/valentines-day-haunted-house-at-the-13th-floor 吉と出るか凶と出るかは、カップル次第。通常のロマンティック路線に食傷気味のカップルには、このようなスリル満点のバレンタインもいいのではないでしょうか?

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る