海外旅行 ウズベキスタン

シルクロードのオアシス都市[ウズベキスタン・サマルカンド]

海外旅行 ウズベキスタン 海外旅行 ウズベキスタン 海外旅行 ウズベキスタン 海外旅行 ウズベキスタン 海外旅行 ウズベキスタン 海外旅行 ウズベキスタン 海外旅行 ウズベキスタン 海外旅行 ウズベキスタン 海外旅行 ウズベキスタン 海外旅行 ウズベキスタン 海外旅行 ウズベキスタン 海外旅行 ウズベキスタン

皆さんは、ウズベキスタンと聞いて何を思い出しますか?サッカーファンなら、W杯のアジア予選で日本代表と同グループだった国として記憶されているでしょうか。しかし、日本に住んでいると、あまりなじみのない国かもしれません。

旧ソ連のウズベキスタンは、中央アジアに位置するイスラームの国です。そして、かつての東西交易の陸路シルクロードの中継地として大いに栄えた場所。ウズベキスタンには当時繁栄したオアシス都市が数多く点在します。都市には優れた文化財や建築物があり、多くが世界遺産に登録され、この一帯はさながら歴史的建造物の宝庫といったところ。一度この地を訪れたら、壮大な街の美しさの虜になることは間違いありません。

 

青の都サマルカンド

青い空に、青い建築物が良く映える。ウズベキスタンの古都サマルカンドを訪れての最初の印象は街を彩る「青」「蒼」「藍」。「青の都」との別称にふさわしい、目の覚めるような青いタイルの建築物が並びます。特に、街の中心地レギスタン広場にそびえたつ3つの建築物、ウルグ・ベク・メドレセ、シェルドル・メドレセ、ティカラリ・メドレセは圧巻。細かいタイルを敷き並べて作り上げられたモザイク模様は本当に素晴らしい。星や植物、アラビア文字をモチーフとした模様で作り上げられた壁画には、思わず目を奪われてしまいます。

この街を帝国の首都として開発に力を入れたのが、ティムール朝の始祖ティムール。中央アジアといえば、てっきりモンゴル帝国下で栄えたと勘違いしていましたが、モンゴル帝国はサマルカンドの破壊者で、その破壊されて廃墟となった街を再興したのがティムールだったわけです。(ちなみに、サマルカンド南部のティムールの生誕地シャフリサブスには彼の銅像があり、人気の観光スポットとなっています。)

「サマルカンド・文化交差路」(Samarkand – Crossroad of Cultures)として世界遺産に登録されている街だけあって、東西の文化を街の至る所で実感します。中でも、私がそれを一番強く感じたのは、すれ違う人々の容貌でした。白人のような、モンゴル人のような、かといえばアラブ人のようでもあり、しみじみと深い歴史を感じてしまいました。「種が交わると美しくなる」というのは本当で、美人さんが多くて目の保養になります。

 

土地を知りたければ市場を目指せ

私は旅先では努めて地元の市を訪れるようにしています。市はそこに住む人々の生活が垣間見えて、下手な観光地よりも楽しい場所なのです。奥様方の流行のファッションも、人気の食べ物も歩いているだけで丸分かりな訳です!

サマルカンドの最大の市場はシヨブ・バザール。そこでは、鮮やかな色彩に身を包んだ人々でごったがえしていました。畑から掘り出してきたジャガイモや、もぎたての野菜などが所狭しと並んでいます。お母さん手作りの平たいパン「ナン」や、多種多様の香辛料から、ここはやはりイスラーム文化圏だなと思いました。

見所満載のオアシス都市 

サマルカンドの他にも、古都ブハラや聖都キバなど世界遺産に登録された歴史ある街もとても見ごたえがあります。街の様子はさながらアラビアンナイトの世界。眺めていると、時空を越えてしまいそうな感覚にとらわれてしまいます。

欧米の世界遺産に比べるとなじみが薄く、日本からのアクセスも良いとはいえません。しかしながら、多少の労をかけても見るべき価値が有る場所ばかり。是非、この地域を訪れて悠久の時に思いをはせてみてはいかがでしょうか

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る