編集_予備

【イベント】季節の行事・イベント【ベトナム】

 

編集_予備4月は日本では春真っ只中。桜散る中、新社会人、学生として新しい日々の一歩を踏み出している頃かと思います。また、4月の下旬は待ちに待ったGW(ゴールデンウィーク)に突入します。海外旅行の計画を立てている方も多いのではないでしょうか。

今回はベトナムで4月に行われるイベントをご紹介したいと思います。

 

毎年の恒例イベントになるか、「カラー・ミー・ラン」

ホーチミン市に本社を置くパルスアクティブというイベント広告会社が主催する、「カラー・ミー・ラン」は、色とりどりのパウダーを浴びながらホーチミンシティを走るという奇抜なマラソン大会です。
ベトナムでは他にも「ホーチミン市マラソン※同社主催」や「ニャチャンビーチ国際ハーフマラソン」などが過去に開催されていますが、いずれも延期が続き、毎年恒例の行事には至っていません。

今回行われるマラソンには、アメリカのシンガーソングライター、Tペイン氏を招く予定となっていて、主催者側の気迫が感じられます。

参加人数が集まれば、毎年恒例のイベントに発展することでしょう。無論外国人でも参加できますので、この時期にホーチミン旅行される方は、日程を確認してみてください。

 

編集_24月28日は「フン王の命日」

ゴールデンウィークは日本だけと考えてはいらっしゃいませんか?
実は、ベトナムもこの日から連休となり、ベトナム人は国内旅行及び帰省のため、各地で大移動が行われます。

4月28日はベトナムでは「フン王の命日」として祝日に制定されています。フン王はベトナムを建国した伝説の国王。現在でも北部フン寺では毎年大規模のお祭りが開催され、国民はフン王を讃えます。

ちなみに、伝説ではフン王は龍と仙女の間の子供とされていて、数多くの神話が残されております。現在では子供に読み聞かせる絵本にもなっています。

 

編集_34月30日は「南部解放記念日」

1日挟んで30日は、「南部解放記念日」として、こちらも祝日に制定されています。ベトナム人によっては、南部解放という言葉を避けて、「ベトナム戦争終戦記念日」と呼ぶ人も多いです。

1975年4月30日、北ベトナム軍が旧大統領官邸のフェンスを戦車で破り突入。無血入城を果たし、事実上の南ベトナム(サイゴン)没落となります。当時は世界でもその様子が中継されていたので、覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その後、旧大統領官邸は南北ベトナム国家が統一された場所として、「統一会堂」と名称が変更されています。現在ではガイドブックでも必ず紹介されている、ホーチミン観光の象徴となっていますね。

統一会堂は、普段は観光スポットとして内部を見学することができますが、重要な国際会議の場としても利用されています。

そして、今年はベトナム戦争終結40周年の節目の年。
統一会堂とその周辺では、終戦を記念した大規模イベントが行われる予定となっています。この界隈は全車両通行止めとなるので、かなり期待できます。また、当日夜には花火が打ちあがる見込みですので、こちらも楽しみですね。

 

編集_4ベトナムにもゴールデンウィークがあるんです!

ベトナムでは例年フン王の命日から連休に突入しますが、2015年は27日が月曜日なので、社会人は有休休暇をとって25日頃から旅行及び帰省ラッシュが始まる見込みです。ちなみに29日も振替休日で祝日になっています。

ベトナムは日本のように祝日が多くはありません。この連休が終わると、残す祝日は9月の独立記念日のみとなりますので、ベトナム人にとっては、1年の中でもテト正月に続く貴重な連休となります。

4月下旬は空路は国内線、陸路は南北統一鉄道及び長距離バス(特に寝台バス)が込み合います。確実に乗りたい方は、事前にチケットを予約しておくことをおすすめします。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る