d073c1774b07ff6ef5611194b10f7bd52

【暮らし・住まい】スポーツの秋【ベトナム】

 

編集_1日本では9月から11月の秋の時期には、「食の秋」や「芸術の秋」、「読書の秋」といった風に、「~の秋」としばしば銘打つことがあります。今回紹介するのは「スポーツの秋」。日本では近年運動会を開催する企業が再び増え始めました。多くの企業は会社の行事といえども休日に開催することもあって、日本人の中には納得がいかない人もいるそうです。

では、ベトナムでは企業で運動会を開催したりするのでしょうか。今回はベトナムにおけるスポーツの秋を解説したいと思います。

 

編集_2ベトナムでは運動会は大盛り上がり

ベトナムでも企業が開催する運動会はしばしば見かけます。ベトナムに進出している日系企業の中にも、ベトナム人社員含む一同で大運動会を開催しているところもあります。社員が十数人規模の小さな会社でも活発に行っていて、市内随所にあるテニスコートやサッカーコートを借りてトーナメント戦をしたりします。

まだまだ日本のように数百人の社員を抱える企業は極僅かなので、運動場をすべて貸しきって陸上競技を行う企業はほとんどありません。しかし、ベトナム人にとって運動会は、重要なイベントの一つとして受けとめられています。

ここで気になるのが、「休みを返上して運動会に強制参加しなければならないことについて、ベトナム人はどう思っているのか」というもの。
それについて、ほとんどのベトナム人は「全然問題ない」と回答しています。それよりも運動会を楽しみにしていますし、当日は家族も見学にくるほど盛り上がります。

もともと、食事会や社員旅行など会社の行事を大切にしているベトナム人。「社内行事が多い会社に就職したい」というベトナム人も多いほど、彼らは団体行動が大好き。そんな彼らにとって、運動会は最も重要なイベントの一つといえるでしょう。

 

編集_3ベトナム人の人気No.1のスポーツはサッカー

ベトナム人にとってサッカーは国技といっていいほど人気。子供だけではなく、大人も会社帰りにミニコートでサッカーやフットサルを行います。旅行でベトナムの町を歩いてみてください。マンチェスターユナイテッドやバルセロナのユニフォームを来たベトナム人を必ずみることができます。

ちなみに、ベトナムはワールドカップに出場できるほどの力はまだありませんが、東南アジアの大会ではトップ争いをしています。サッカー選手は平均年齢が若く、将来を見据えた育成がされている最中です。ですので、日本のようにサッカーに負けたからといって選手を非難するようなベトナム人は誰一人いません。

 

編集_4ベトナム人のほのぼのスポーツはバドミントン

ベトナム人にとって公園は憩いの場所。気温が下がる夕暮れ頃に、多くの人々が集まります。ここで何をしているのかというと、まずはウォーキング。公園を友人同士談笑しながら何周も歩きます。そしてお年寄りは社交ダンス、子供はローラースケート。女性はエアロビクスを楽しみます。その中でも最も人気なのがバドミントン。暗くなってシャトルが見えなくなるまで、あちらこちらで笑い声が聞こえます。

 

編集_5早朝と夕暮れは公園で体を鍛えています

ベトナム人の朝は早く、早朝の5時半から6時くらいにはすでに1日の活動をはじめています。市場もその時間帯から賑わいはじめ、主婦は早々にその日の買い物を終わらせます。

その後、男性も女性も公園に集まって、早朝の運動をはじめます。住宅エリアには決まって周辺に公園のような広場があり、そこには必ずトレーニングマシーンが設置されています。筆者もいまだに使い方が分からないものもありますが、ベトナム人はみなさんすべての機器を使いこなしている様子。

このように、ベトナム人はスポーツが大好きな人たちということが分かります。出不精の人は少なく、若い女性も社会人の男性も、性別、世代問わずみなさんスポーツを楽しみ、そこでの出会いも大切にしています。健康大国といわれる日本人も、見習うべき点があるのかなと感じました。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る