編集_1_1

【祝日・記念日・年中行事】「ベトナムのXmas 2014」について【ベトナム】

 

編集_1_1クリスマスと言えば降雪を期待し、大切な人とロマンチックな夜を過ごすのが日本人の定番。普段とは少し変わった厳かな雰囲気を楽しみ、イルミネーションや贅沢な料理を堪能したいところです。今回紹介するのは、「ベトナムのクリスマス」。国が変わればクリスマスの過ごし方も異なります。「クリスマスは日本で過ごしたい」と考えている方も、この記事を読めば考えが変わるかもしれません。

 

ベトナムのクリスマス

クリスマスはキリスト教が発祥ですが、仏教大国ベトナムにおいてもビックイベントの一つです。特に若者は友人やカップルと夜遅くまで過ごします。クリスマスは静かに過ごすのではなく、ワイワイ騒ぐのがベトナム流の楽しみ方。

この時期にベトナムに訪れる旅行者は、是非ベトナムのクリスマスを体験してほしいところ。ベトナムはご存じの通り、年間を通して常夏の気候。日中は日差しが厳しいので、クリスマスを体感するのは夜からがおすすめです。

 

編集_2_1クリスマス衣装でパーティー

12月に入ると、どこのショップやレストランもクリスマスの衣装に身を纏ったスタッフが迎えてくれます。スーパーやショッピングセンターでもクリスマス衣装やツリーの装飾品など、バリエーションに富んだグッズが販売されます。ベトナム人は子どもにコスプレをさせるのが好きなので、売れ行きも上々。住宅街では、小さなサンタが走り回っている光景も見ることができます。

カフェや施設の会場、大学でクリスマスパーティーを行うベトナム人も多くいて、サンタやトナカイの衣装を着て、集団で楽しんでいる様子が見受けられます。ベトナム人の8割は仏教徒と言われていますが、ホーチミン市内にはキリスト教徒も多くいて、イブの深夜0時には、教会周辺に聖歌隊が並び、聖歌の合唱を聴くこともできます。

 

編集_3_1イルミネーションは市内中心部

クリスマスと言えばイルミネーション。色鮮やかな電飾が幻想的な雰囲気を演出し、カップルやファミリーで鑑賞したいところ。ホーチミン市内であれば、市民劇場がある1区中心が最も輝きを見せるエリアです。ビンコムセンターやユニオンスクエアといった大型ショッピングセンター前は、毎年大勢の人々で盛り上がりをみせています。ツリ―をはじめ、雪だるまやトナカイ、ソリといったオブジェが並び、大道芸も見学することができるでしょう。

また、ベンタイン市場周辺に広がる9月23日公園、及びサイゴン大教会横の4月30日公園は一大デートスポットとなり、夜遅くまでカップルが肩を寄り添う憩いの場所となります。屋台も多数出没し、ベトナムらしいクリスマスの光景に出会うことができます。

 

編集_4_1レストランで期間限定コースを楽しむ

12月の24日~25日は、レストランでは期間限定のクリスマスディナーを開催しているところがあります。外国人観光客が訪れる中級から高級レストランでは、高い確率で提供しているので、少し奮発して贅沢な料理を堪能してはいかがでしょうか。

また、カフェでもクリスマスの前後で期間限定デザートやセットを用意するところもあり、日中の観光がてら、クリスマススイーツを楽しむこともできます。

ただし、高級レストランでは数量限定であったり、事前予約が必要だったりするケースもありますので、注意は必要です。最も確実なのは、宿泊ホテルに併設しているレストランを利用することです。情報も入手しやすいですし、宿泊者なら率先して予約を優先してくれるはず。
編集_5_1クリスマスと言えば夜景。大都会ホーチミン市の夜景をパノラマで鑑賞することができるバーが市内にはいくつかあります。写真のこちらは「Mバー」。五つ星ホテルのマジェスティック・ホテル・サイゴンの上階にあるルーフトップバーです。サイゴン川と市内の夜景双方を愛でることができ、クリスマスの電飾に負けない煌びやかなネオンを眺めることができます。

カクテルを揺らしながら恋人夫婦で甘い時間を過ごす。クリスマスという特別な夜を異国の地で楽しんでください。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る